株式会社エレクトリ
〒171-0043 東京都豊島区要町2-19-6 TEL(03)3530-6103 FAX(03)3974-2448
COMPANY_a
COMPANY_b
COMPANY_c
COMPANY_d
COMPANY_e

RCF社について

未来の「音」は、確かなルーツに基づいています。
イタリアの町 Reggio Emilia で 1949年に設立されたRCFは、ヨーロッパの伝統的な職人的な技術と、高度な最先端技術が融合した、ヨーロッパを代表とするプロ用オーディオ機器メーカーです。 RCFは、長い歴史を通じて、多角化しながら拡張し続け、スピーカー単体から大規模で複雑なプロジェクトまで「音」にかかわるあらゆるニーズにお応えしています。
Reggio Emiliaの本社は、60年以上もの間、製品管理、R&D、生産施設は、幅広いスキルを持ち、「音」情熱を持ち、「RCF」に誇りを持った従業員や世界のパートナーが団結し、自発的な意識で品質や性能の向上に全力を注いでいます。またRCFは、英国、ドイツ、フランス、スペイン、米国のセールスオフィスを通して、魅力的なRCF製品を市場に送り出しています。 その他の国々でも、各国のプロフェッショナルなディストリビューターのネットワークを通して営業活動を行っております。その多くが何十年間も RCF と共に活動しています。 現在RCFは、250人以上の従業員を雇用し、世界100ヶ国以上の国々でRCF製品を販売しています。

RCFの全製品はRoHSに対応しています。

RCF社の歴史

RCFは、1949年以来、オーディオ業界の最前線で活躍し続けています。
RCF は、歴史に培われた核心的な技術と、細部にまでこだわった品質管理で、プロオーディオマーケットにおいて、ユニークで最高の性能を持つオーディオ製品を作りたいという、シンプルなビジョンでイタリアの エレクトロ- アコースティックエンジニアグループによって 1949年に設立されました。
設立当初は、マイクロホン、アンプ、そしてPAのアプリケーションに関連した製品を作ることから始まりました。またそれと並行してトランスデューサーをはじめ、ハイレベルのトランスデューサーの研究センターを持つヨーロッパで最初の会社となりました。
ウーファー、ミッドレンジユニット、コンプレッションドライバーなどのトランスデューサーの設計と生産の成功により、有名ブランドのラウドスピーカーに採用され、世界中で最もよく知られるトランスデューサーメーカーとしての地位を確立しました。
トランスデューサ技術開発に続き、自社ブランドのPAシステム、アンプ、ミキサーなど製品レンジを拡大し続けました。 これらは空港、ホテル、学校、鉄道ステーション、工場、実際、オーディオメッセージ、あるいは、バックグラウンドミュージックが必要とされるさまざまな公共施設において、RCFだけの製品だけで完全なシステムソリューションを提供できるようになりました。トランスデューサ-の設計と生産のノウハウの蓄積により、RCFがハイレベルの音楽シーンに対応できる製品群を揃えることは時間の問題でした。
1996年に、アクティブコンポジット型のプロオーディオキャビネットのARTシリーズを開始しました。 その当時、世界中のほんのひと握りのメーカーによって使われたこの技術を、世界のミュジックプレーヤーはいち早く取り入れました。
2004年、更なる拡大のために研究、開発、生産に投資し、RCFにとって新しい時代が始まりました。 その頃から、RCFは近代的なプロセスで設計、生産を軌道にのせ、毎年相当数の新しい製品を市場に発表してきました。 その中で特に力を注いだ製品が、TT+ High Definition Touring and Theatre シリーズです。- これは、最新のトランスデューサー技術と、 DSP による革新的なアンプを開発したことにより、市場に瞬時に取り入れられ現在の成功にいたりました。
2007年7月に RCF グループ(ブランド dBtechnologies を所有する RCF S.p.A. と AEB Industriale s.r.l. )は、イタリアの株式市場に上場しました。
2008年に革命的な ART 7を発表いました。これが起点となり、近年のARTシリーズ(ART 7, ART 4, ART 3)は、ポータブルPAのマーケットにおいて、世界的なヒットとなりました。

RCFの製品カテゴリー

すべてのアプリケーションのためのソリューション
「音」と一言で言ってもそのテーマは幅広く、複雑です。大きいアリーナのロック・コンサートのハイレベルの音楽から巨大な国際空港でのページングまで、また劇場の音から政府の討論、決議決定を念頭に入れた会議システムまで、- すべてのアプリケーションが固有の必要条件に合わせた特定の製品を必要としているはずです。これは、革新の永続的な精神、全ての生産状況の管理、細部への配慮と音への情熱を共通点として維持しながら、 RCF がこのように製品レンジが幅広く、増やし続けて生産している理由です。今日RCFでは、幅広い生産レンジを7つの製品カテゴリーに分類し、お客様にご案内しています。
TT+ High Definition Touring and Theatre
トランスデューサーの技術で、まさしく最新の技術を備えた真の高出力、高明瞭のオーディオソリューション、そして新世代のDSP技術と、クラスDのデジタルアクティブアンプを搭載したRCFのフラグシップモデルのTT+シリーズ。大規模なライブコンサート、イベント、大型シアターの他、ステージ用モニタリングスピーカーもラインナップしています。
Professional Speaker Systems
ラウドスピーカーの完全なレンジとミュージシャン専用に行なうシステム、レンタル会社と音楽のライブ、どんなレベルのアプリケーションに対しても、RCF の高精度のトランスデューサーと、高品質の部材を使ったキャビネットがその厳しいニーズに応えます。
Recording
RCF独自のプレシジョントランスデューサーと、最新のデジタルアンプを搭載した MYTHOシリーズは、RCFの伝統的な品質と信頼性を兼ね備えたプロのための高精度なリファレンス用スタジオモニターです。
Precision Transducers
RCFのラボで特別に設計されたネオジミウム、カーボンファイバー、チタンなどの高度先端技術の素材で作られる、ウーファー、ミッドレンジ、コンプレッションドライバーとホーンで構成されるハイレベルなプロフェッショナルトランスデューサーです。
Commercial Audio
安全性とセキュリティー規定に従って館内のBGM、公共のアナウンス、緊急避難メッセージ、警報などのすべての必要条件を満たした製品群と、商業店舗用としてあらゆる施設にマッチするコマーシャルオーディオの製品群です。
Installed Sound
学校の教室、企業の会議室、オーディトリアム、ボードルーム、食堂、多目的室など、耐久性とインテリアデザインが融合したハイレベルのアプリケーションには、RCFのInstalledカテゴリーの製品群が最適です。
Forum Congress Solutions
国際会議施設の同時通訳システム、国会の議会ビル、連邦議会とイベントセンター、議場- 重要な公式会議では、討論と議論がクリアーで明瞭に聞けることが不可欠です。RCFのは、このような重要な議会に、設定や操作が簡単な議会向けソリューションを提供しています。

RCFのエンジニアリング

技術の進化、音の革命
RCFは製品が備える最良の可能な音を確保するために絶え間ない革新の継続プロセスに投資しています。RCFは、完全な設計の能力で、自社製トランスデューサー、スピーカーシステム、アンプ、キャビネット、コントロールエレクトロニクスを完全に設計し、生産する能力は、世界中でも少数のラウドスピーカーメーカーです。
3つのエンジニアリング部門 - ・音響、・エレクトロニクス、・メカニズム - すべてを完全にコントロールし、技術革新を提供するために一丸となって取り組んでいます。
コンピュータベースのシミュレーションソフトウェアが、ダイナミクスとトランジェント応答間の関係と共に、トランスデューサーの動作とアンプオペレーションの理解をするためのサポートとして使用されます 最先端のソフトウェアパッケージは、磁気回路、ボイスコイルダイナミクス、サスペンションのライナリティ、ホーン分散、クロスオーバーフィルター、アンプの温度特性などのシステムデザイン上の正確なシュミレーション値を提供します。
RCF の歴史的なノウハウの継承と最新技術との融合で生産されるRCF製品。 - 外注業者に特注しなければ実現できないような難しい設計のキャビネットにも相乗効果をもたらします。

RCFのマニュファクチャー

素晴らしい音は小さな細部から生まれています
RCFは最新の技術と伝統的な熟練した職人技が融合しています。最も進歩したプロダクション技術とともに、熟練技したエンジニアの経験豊富なスタッフが会社の製品のすべてのコンポーネントを作り - 細心の注意を払ってチェックします。
すべてのコンプレッションドライバーと低域のトランスデューサーはRCFの自社製品です。自社のトランスデューサー生産工場を持つことは、RCFにドライバーエレクトロニクス、キャビネットデザイン、デジタルプロセッシングを一貫して開発する上で巨大な利点をもたらします。
2008年に、 RCF はラウドスピーカーキャビネットの製造のために社内にウッドショップを建てました。 ここで、最も良いバルトカバの木が選択され、最高の精度と品質を達成するために最先進的な CNC (コンピュータ数値コントロール)マシンでカットされました。 木工専門職人のチームが塗装加工の前にすべてのキャビネットを手で仕上げます。
最終段階のラウドスピーカーアセンプリは、「RCF」の名前に値すべき完ぺきでな、最新技術の製品をお届けするために、すべての細部に渡り、最大の注意を払って作業しています。


rcf_logo
TOURING&THEATRE
ツアー,シアター,ライブ向け
TT+
LIVE SOUND
ライブ,クラブ,ポータブルPA向け
D LINE
VMAX
NX
EVOX
ART 7
ART 4
ART 3
ST
ST
SUB
4PRO
INSTALLED
固定設備向け
VSA
H SERIES
C SERIES
MEDIA
P SERIES
L SERIES
RECORDING
スタジオモニター,DTM,DJ向け
MYTHO
AYRA
ICONICA
CONSOLES
ミキサーコンソール
L-PAD